宇宙系チャネラー ☆ルカ☆

menu

宇宙系チャネラー ☆ルカ☆

ヒーリング後は、まったくと言っていいくらいカーッとなることはなく、イライラもしてません【アラフィア☆ヒーリングの内容と感想】

白シリウスのエネルギーで秘めた魂の力を覚醒!アラフィア☆ヒーリングを受けてくださったS.H様にお送りしたセッションレポートと、それに対していただいた感想を、了承を得たうえでご紹介します。

☆**‥…★…‥**☆アラフィアからのメッセージ☆**‥…★…‥**☆

後もう少しで、あなたという存在が大きく芽吹こうとしています。
今まで芽吹いていたものは、もう捨てる覚悟はできましたか?
今まで「本来の私」だと思っていたものが、実は偽物だったと知りましたか?

新たに、「私」という人物像を客観的に見直しましょう。
以下のワークはとても重要です。
ですから、ぜひ行なって頂きたいと思いますが、気が進まなかったらやらなくても構いません。

一枚の大きな紙を数枚用意しましょう。
そして、真ん中にあなたの名前を書き、その紙を「好きなもの」で埋めてみてください。
写真でもいいですし、色鉛筆やクレヨンを使っても良いです。
ご自身で好きなものの絵を描いても良いです。

あなたが好きなもの…何がありますか?
食べ物、飲み物、季節、場所、人、音楽、色etc。。。
「コレが好き!」と思えるものをどんどんコラージュしていきましょう。
見る度に、「自分らしさ」を思い出せて、元気が湧くと思いますよ?
自分であることの重要さも、わかってくると思いますよ?
これが私だ!と、胸を張って言えるようになると思います。

どうぞ未来を決めないでください。
本来のあなたでいれば、自ずと未来は開けます。
そして、宇宙を信頼してください。
これは何もしなくてもいい、ということとは違います。
人事を尽くして天命を待つ、ということです。
できうる限りの努力をしたら、結果は天に任せるのです。
結果をコントロールしないようにしましょう。

もし、「自分を知る」とか「何がやりたいか」について考えるときに、
頭がぼーっとしてしまったり、違うことに思考を巡らせてしまう場合は、
あなた自身の洗脳を切りましょう。
あなたがあなたの「主」になり、今後のすべてを宇宙と連携し合って
決めていくのです。
正確には、あなたが動きやすいように宇宙が動くのです。
もう一度言いましょう。
洗脳を切りましょう。
そのためには、「あなた」が何ものであるのかを知る必要があり、
それが上記のワークへとつながっていくのです。
上記はひとつの手段でしかありません。
他にも「己を知る」ワークはたくさんありますし、自分一人で、あるいは
お友達数人で行なう事もできるのです。
自分へのインタビューをするのも良いでしょう。
(芸能人への質問100などを見て、自分にも同じ質問をしてみる。記録しておくと
読み返したときにまた発見があります)

答えが出ない箇所にこそ、洗脳を解くキーがあります。
苦しくても逃げずに答えを出して!
落ち着いて、深呼吸して…必ず答えは見えます。

あなたがあなたらしくいられることを。
本来のあなたに戻る事を、私たちは切に喜び、祝福します。

☆**‥…★…‥**☆◆☆**‥…★…‥**☆

【いただいた感想】

アラフィア☆ヒーリングの感想

この度はアラフィア☆ヒーリングをありがとうございました。

昨年からずっと、潜在意識などについてのブログを読み漁り、自分に対して意識を向けることへの重要性を感じていたところです。
それまでにも、自己啓発系の本を常々読んでいて、自分を奮い立たせる・戒め的な意味合いで自分に意識は向けていましたが、まったく正反対に理解をしていたと今は感じます。

1日目は、やはり朝早くから数回はトイレに行きました。
私は普段、あまり水を取らず、意識しないと飲まないので、トイレに行く回数も少ないのに、です。
またこの日の数日前から体調はイマイチで、この日はまったくダメでした。

2日目は、朝は気分が重かったのですが、急に午前中の途中から気分が晴れました。
特に何かをしたわけでもなかったので、ヒーリングのおかげかな?と感じました。

3日目・4日目は、特に意識することなく、でも心穏やかに過ごせた気がします。

前はイライラすることが多く、外出してイライラしたら嫌だな、と、マイナスな妄想ばかりに意識が向き、結局必要性がない外出を止めたりすることがよくありました。
最近は心穏やかに過ごせつつありましたが、ヒーリング後は、まったくと言っていいくらい、カーッとなることはなく、イライラもしてません。

あと、感謝することは、今までよりも非常に多くなりました。
大きな出来事でなくても感謝ができるのは嬉しいですね♪

以上、アラフィア☆ヒーリングの感想でした。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー