宇宙系チャネラー ☆ルカ☆

menu

宇宙系チャネラー ☆ルカ☆

まだまだ、変化が起こりそうで楽しみです【アラフィア☆ヒーリングの感想】

白シリウスのエネルギーで秘めた魂の力を覚醒!アラフィア☆ヒーリングを受けてくださったA.M様にお送りしたセッションレポートと、それに対していただいた感想を、了承を得たうえでご紹介します。

☆**‥…★…‥**☆アラフィアからのメッセージ☆**‥…★…‥**☆

「なんでも好きにしていいよ?」と言われたら、どうされますか?
何を、どこから始めますか?

「好きにしていい」にはきっと、色んな対象があると思います。
それこそ無限大にその対象は広がるのでしょう

好きにしていい、と言われたときにぱっと思い浮かんだものはなんでしょうか?
それを忘れずに!
そして…「好きにして」いきましょう!!!

もちろん、様々な事情で「好きに」できないものもあると思います。
他の方との協議が必要なものもあるでしょう。
まずは今すぐに、自分一人で「好きに」できるものから、どんどん「好きに」していってください。

そうすると、ご自身が
「本当は何がしたいのか」
「本当はどうしたいのか」
という辺りが見えてくると思います。
今は、瞑想などは必要在りませんから、どうぞ思いつくままにメモ書きし、
その中ですぐにとりかかれるものからとりかかりましょう!

あなたの魂の容れ物は、自信を欲しています。
身体と心に、成功体験をさせてあげる必要を私たちは感じているのです
魂は常に完璧ですが、心と身体は自信を失い、打ち拉がれていませんか?

好きな事をする。
好きなものに囲まれ、好きな音楽を聴きながら。
やらなければいけないことと、やりたいことを混同しがちですが、
しっかり明確に区分けをしてください。
毎日、小さなひとつのことでいいですから、今までの人生と違う事を
始めてみませんか?好きな事を始めてみませんか?

そして…恋をしてください。
ご自身に恋しましょう。
大好き!一生一緒にいたい!絶対大切にするわ!!
そう思えるくらい、鏡を見る度にドキドキしてしまうくらい、自分に恋を
しましょう。
恋に落ちるには二つの方法があります。
一つ目は、コントロール不可能の、偶然かつ偶発的に、出会った相手に恋を
してしまうとき。
もう一つは、「この人に恋をしよう」と意識的にその状況を作るとき。
人は、気になるもの、大好きなものはよく見ます。観察します。
その度事に新しい発見があり、より「好き♡」と思う要素が増えるのです。
ですから、どうぞご自身のことをよく観察しましょう。
インタビューをするように、自分で自分にインタビューをしましょう。
どんなことが好き?
今までで一番感動した経験は?
今までで一番嬉しかったことは?哀しかった事は?怒った事は?
父親について、母親について、兄弟姉妹はどんな人?

もしもあなたが恋に落ちた時、好きな相手に聴きたい質問を自分に向けてみてください。
意外な一面を知る事ができるでしょう。
そして、たくさんのことを乗り越えた来たご自身に対して
「よく頑張った!」と誉め称えたい気分になるでしょう。
そう、あなたはあなたの人生を誇りに思っていいのです。

あなたにとって魂を顕すキーワードは「好き!!」
迷いなく「好き!!」と即答できるように、ご自身も身の回りも
「好き」を集めてみてください。

☆**‥…★…‥**☆◆☆**‥…★…‥**☆

【いただいた感想】

アラフィア☆ヒーリングの感想

ルカ様

アラフィアの4日間ヒーリングをして下さり、ありがとうございました。
感想と質問を書かせていただきます^ ^
このヒーリングを受ける2日前、
私は尊敬している上司から言われた言葉に対して、辛くて、悲しくて仕事中、電車の中でも涙が止まらず、仕事を早退するありさま^_^;
この怒り悲しみを鎮めたい一心でアラフィアのヒーリングをお願いしました。

1日目
悲しみを色々な所から引っ張り出し、自分で大きな悲しみを作っている事が分かりました。2日間思い出しては泣くの状態でしたが、それに気付いた瞬間に、つっかえていた気持ちが抜け、明るい気分になりまた。

2日目は、体が軽く感じました。そして人に接する時や発言をする場面では、相手を意識し過ぎず堂々とする自分がいて、物凄く自信が付いたように感じました。また、あまり人の顔色を見なくなりました。もう、ビックリですびっくりマーク️
3日目は1日中眠くて、早く寝ました(笑)
4日は楽しい出来事があり、1日を満喫しました。

新月︎事後のチャネルリングメッセージではアラフィアさんとルカさんの優しい波動のメッセージを読んで涙がこぼれました。自分に恋をして行きます♫
*まだまだ、変化が起こりそうで楽しみです。本当にアラフィアのヒーリングを受けて良かったです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー