宇宙系チャネラー ☆ルカ☆

menu

宇宙系チャネラー ☆ルカ☆

才能を開かせてくれたみたいです【神和エナジーワークの感想】

日本の神々と共鳴し本当の自分に還る、神和エナジーワークを受けてくださったH.M様にお送りしたセッションレポートと、それに対していただいた感想を、了承を得たうえでご紹介します。

☆**‥…★…‥**☆H様に起こった和合☆**‥…★…‥**☆

先日は神和エナジーワークをお受けいただきありがとうございました!
当日はいかがだったでしょうか?
私は青と赤が混じり合い、とても美しいバイオレット色のオーロラのようなものを
幻視したり…
自分の中で調和した感覚…これは、言葉での説明が難しいのですが…を、感じたりしました。

本日は、神和エナジーワークを行なったことで、H様にどんな和合が起こり、これからの
和合にどんな課題があり、それをクリアするためにどんなヒントがあるか…について
チャネリングをさせていただきました。

チャネリングがすべて正しい訳ではありません。
ぴん!とこなかったら保留にしていただいて構いません。
ご参考までにお読みいただけると幸いです。

・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡

◆H様に起こった和合
ご自身の転生の中で…いくつかの過去世に、ご自身の思い…
わけ御霊…があったようです。
それらが回収されて一つに統合されました。
今まで、自分の人生なのにどこか他人の人生のような気がする…という感覚があった
場合。
自分の人生だ!という感覚がしっかり甦ってくると思います。
何かに力を奪われているような感覚や、本当の自分ではないような感覚などが
あった場合もそうでしょう。
これからのご自身の人生に対して、どんどん和合が進んでいきます。
男性性と女性性のバランスも、取れてくると思います。
今まで押し殺していた女性性の部分が、華やかにきらびやかに出てくると思います。
それが心地よい感じになる…という印象です。
周りからの評判も良いと思います。
女性らしくなったね、可愛くなったね、などなど…今までもそういう面があったと
思うんですが、今まで以上に好評価になると思います。

◆これから起こる和合への課題について
内側の「神なる部分」との和合が課題になるかと思います。
神、という言葉に対して持つ、ご自身のイメージを書き出してみてください。
その中に、和合を避けたい理由が見つけられると思います。
和合していく上で、それらのイメージを良い方向に転換する必要がありそうです。
物事は多面ですから、「うーん…」と思うものも、良い面があるのだと思います。
その良い面にスポットを当てていきましょう!
神なる自分との和合が始まると、ご自身の言動への責任感というものが
強くなります。
また、自然に発する言葉、行動に気をつけるようになると思います。
そして、気持ちと言葉が相乗すると、素晴らしい効果、結果を導く…ということも
体感できるのでは、と思います。
・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡・.。*☆彡

【いただいた感想】

神和エナジーワークに頂いた感想

☆ルカ☆さん

こんにちは。
先日は、神和エネルギーワークを、ありがとうございました!!
そして、早々にメッセージを頂きまして、ありがとうございます。

当日は、普通に仕事をしていました。
普段は、会社に行くとイライラしたり、怒りの感情が出てきて困ってるのですが、その日は1日中穏やかな気持ちで、平和の中にいるというか、中庸な感覚でした。
とても、安心感のある感じです。

エネルギーを感じてみると、とても強いエネルギーで、頭の中を色々と調整してくれ、才能を開かせてくれたみたいです。

頂いたメッセージ、とても嬉しかったです!!
ず~っと、自分の人生を生きていない感じがしていて、本当の自分の人生を生きたいと渇望していたのです。
その部分が統合されるとは、本当に本当に嬉しいです。

女性性の部分も、表に出てくるということですが、神和エネルギーを受け取った翌日、なんとナンパされました!?
偶然でしょうか(笑)
今まで押さえていた女性の部分も、楽しんでいきたいです。

さて、メッセージの最初に、過去性に自分の思い、わけ御霊があった
ということですが、わけ御霊がどんなものかわからないので、お手すきの時に教えて頂ければ幸いです。

本当に、素敵なワークをありがとうございました!!
私をサポートしてくれている存在達も、私が神和エネルギーワークを受けとることを喜んでいました。

神なる部分との和合、早速チャレンジがやってきています。
どうやら私は、『全てを作った神様は、なぜ悪を作ったのか』、その事で神なる部分の和合を避けていたようです。

この事は、時間をかけて、掘り下げていこうと思っています。素敵な気づきとエネルギーワークを、本当にありがとうございました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー