宇宙系チャネラー ☆ルカ☆

menu

宇宙系チャネラー ☆ルカ☆

Hさんに対して行った脳セッションの詳しい内容と感想

「あなたが秘めた無限大の可能性が花開く、脳セッション」を受けてくださったHさんに対して行った脳セッションの詳しい内容を、Hさんに許可をいただいたうえで掲載します。

 
<セッションレポート、ここから>
最初にH様の全身をヒーリングさせていただき、
ご自身の「愛」で100%満たしました。
その後、脳の中に入らせていただき、色々とヒーリングや
調整をさせていただきました。
☆H様のハッピーMAXとは?
H様にとってのハッピーMAX状態はどんな状態なのでしょう?
深層のご自身に伺いましたところ、
「透明感のある状態」と言われました。
どういうことかもう少し突っ込んだ内容を伺いましたところ、まずは
御自身のお心がつねに澄み渡っている状態を示しているようです。
他の方のご意見などに惑わされず、御自身の道に向ってまい進されているとき、と
いうこともあるようです。
その他としましては、例えば水中から水面を見上げた時に太陽がきらきらしている
状態、とか、ビー玉を陽に透かした時の透明感、きらきら感…そういうものを
見ているときに、充足と喜びを感じると言われました。
お心が曇ってしまった時などにもこれらのものを見る事で心を鎮め、
本来の御自身のあるべき姿に立ち戻れるようです。
ーーーーー

 
H様の脳をこのハッピーMAX状態でいっぱいにしてから、
詳しい部分を見させていただきました。
☆H様の中にある思い込み、刷り込み
◆「毎日楽しいけれどもこれでいいのかしら?」という一抹のご不安
日常にあまり大きなご不満や不安がなく、他人から見たら幸せな
人生を歩んでる、足りないものは特にない…と思われているかも
しれません。
そして御自身も、「今の自分は恵まれている」と、楽しんでいらっしゃると
思います。
でも、お心の片隅に…
恵まれて満足しているのだけれども、本当にこれでいいのだろうか…
私の人生、このままでいいのだろうか?安穏としていていいのだろうか…
そのようなご不安が全体の中にごくごくわずかにありました。
この不安は、普段はまったく見えないのですが、御休みになる前に
お布団の中で急激に感じたり、何かの拍子に他人への妬みとなって
激烈に現れる事があるようです。
H様の本来は他人の幸せを心から喜び、祝福して差し上げられる
方なのですが、この「妬み」が出てくると、「なぜ??」というく
らい心臓が苦しくなる感じがございました。
深層の御自身に伺いましたところ、「自分をだましているからです」
というきついお言葉をいただきました。
「何が自分にとっての幸せか、ということを見ないまま今日まで来ました。
ですから、上辺的には幸せなのですが、それを本質である私が喜んで
いない、ということなのです。
特に、魂の仕事、運命の仕事を手に入れて活き活きされている方に対して
妬みが大きくなるのは、自身がそれを見る事をやめてしまったからなのです。
でも、もちろん今からでも遅くないのです。
本当は何を求めていて、魂は何を喜びとしているのか…
求めれば道は開かれるのです」
ということをおっしゃいました。
少々きつい語調もございますが、それは深層の御自身がH様のことを
本当に大切に思っていらっしゃるからだと思います。
深層の御自身と相談の上、脳の中から「私には魂の喜びを得る権利はない」と
いう思い込みを手放し、希求に喜びを感じる種を植えさせていただきました。
今後は、御自身の魂の道を求めること自体に喜びを感じられるのではないかと
思います。

 
◆「記憶が削除されている」
これがですね…私にとっても初めてのパターンなので、なんと申し上げれば
納得いっていただけるか手探りの状態です…
荒唐無稽なお話になるかもしれませんがご容赦ください。
脳の一部の機能が完全に削除されていました。
三次元的には脳の状態は完全なのですが、海馬の一部がエネルギー的に
切り取られているんですね。
深層の御自身に伺いましたところ、三次元的生活においての記憶には支障がないけれども、
魂の旅としては支障が出ます、とのことでした。
どのような支障が出るのか伺いましたところ、既出の部分にも通じるのですが
「自分の人生の目的について考える事を避ける、やめる」という方向に動いてしまうらしいのです。
このことについて考えようとすると思考が止まってしまうような感じですね。
これは修復できるのか、取り戻す事ができるのかを伺いましたところ、修復可能とのことでしたので
修復のサポートをさせていただきました。
今後は、「自分の人生の目的」について、今までとは違う視点で見えてくるものがあるかも
しれませんし、「本来の御自身」への立ち戻りがあるかと思います。
それは長い事忘れていた御自身であって、決して他人であったり、別の人格?ということではないのですが、
最初は戸惑いが出るかもしれません。
この「エネルギー的な切り取り」の根本原因ですが…幼少時のご両親との会話から生じて、御自身で
望まれたようです。
ただ、現在は深層の御自身も、この体験による学びは終了しています、と仰っていたので、
回復はスムースでしたのでご安心ください。
これから先、御自身の魂の道へと導かれることについてシンクロが多発したり、グループソウルの
メンバーに出会えたり…と、「あ!!」と驚くような出来事が多発するかもしれません。

 

◆生きて行くことに対する疑問
「生きるってどういうことだろう…」という疑問が、なんとなく、もやもやした
形で残っていました。
これがあることで、行動にブレーキがかかってしまったり、怖じ気づいてしまう
こともあったのでは、と思います。チャンスをものにできない感じですね。
このことの根本原因について深層の御自身に伺いましたところ、胎児だったころの
経験が影響しているようです。
胎児だったときに、「私は生まれていいの?」と思うような体験があったのでは、
と思います。
深層の御自身と相談し、今後はこの疑問点を前向きに活かして行けるようにヒーリング
してエネルギーの流れを変えました。
今後は、御自身が生きる目的を追求する、という感じで前向きに捉えて行けると
思います。
そうなると、いい仲間が集まってきますので、ぜひ仲間同士で研鑽していただければ、と
思います。

 

以上の刷り込み、思い込みを手放し、脳全体をヒーリングしました。
右脳と左脳をつなぐ神経細胞をヒーリング&リフレッシュし、脳幹、海馬、視床下部、
小脳、前頭葉などをヒーリングしました。
頭蓋骨の各パーツがでこぼこになっていましたのでヒーリングして元に戻し、
構成しなおしました。
これにより
・直感力があがる
・思考と行動のバランスが取れる
・自分はこれでいい、と心底思える
などがあるかと思います。
また、頭蓋骨を組み直した事で顔の造作も影響が出ていると思います。
特にわかりやすいのが目だと思うので、
・目の大きさ
・目頭、目尻の位置は左右対称か
・鼻柱のすっきり感
・口角の高さ
などをご確認ください。
また、目力の強さ、肌の輝き、保湿感、顎のシャープさなどもご確認ください。
最後に脳の中心にあるコアボタンを押させていただき、セッションを終了いたしました。
<セッションレポート、ここまで>
このセッションに対していただいた感想はこちらとなります。

この度はセッションとレポートをありがとうございました。
セッションの前日から、ずっと金属音のような耳鳴りがあり、チューニングが始まっているのを感じましたが、当日の朝からがっつり風邪をひきました(笑)
頭痛はそれほどでもなかったのですが、鼻水だらだら・・・。それも一週間できっちり治まりましたので、出すべきものを出してくれたのかなと思います。
セッションの間中は、身体の存在と重みは感じるのに、身体の中心が空になっていくような感覚があり、それがとても心地よかったです♪
感覚の中で、空になった身体に順番に暖かいものが入ってくるのを感じていましたが、その間、ふと耳を澄ますと、短い金属音の他にふと誰かの鼻歌のようなメロディーも感じて、とても不思議でした☆☆
最後には、なぜかあるJ-POPの曲(ちなみに伊藤ユナさんのENDLESS STORY)が繰り返し脳内リピートされて、終了だ
ったのですが・・・
特に好き♡というわけでもない選曲だったのが印象的でした・・。
これもきっとなにかのメッセージだと思いますが、本当に奥が深いです~
初めてだらけでしたが、最初から最後まで泉のほとりにいるような心地よい感覚を
味あわせていただきました♪
本当にありがとうございました♪♪
レポートも拝見しましたが、すべてがそのまますぎて、「・・・・ですよね~・・・」^^;
というのが正直な感想です(笑)
生きることや幸せに対しての疑問。特に思考停止のくだりなど身近にいる誰にも
悟られていないはずなのに・・・・
自分は騙せないなと改めて思い知らされたのだと思います。。
けれど、それと同時に
「っていうか、最初から騙す必要もないのに、なんでそっちの方向に行くの?
もう一度思い出して♪」
的なエールも送ってもらったような気分でもあり見守っていますよ~~という安心感も頂きました(^O^)
実際にセッション後は、感覚器と感覚が近くなったような。。
何と表現してよいかわかりませんが、自分が居るのはこういう世界だったのか~♪この人が私か~♪♪
みたいな感覚を楽しんでいます☆
性格も多少変わった気もしますが、どちらかというと価値観の変化かもしれません。
そして今の自分が結構お気に入りです♡
今までの分も含めて、これからまたより深く人生を楽しみますω

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー