宇宙系チャネラー ☆ルカ☆

menu

宇宙系チャネラー ☆ルカ☆

ものすごく素晴らしい変化をいただいています(女神降臨セッションの内容と感想)

「神性が目覚め、人生が真の幸せへと進む女神降臨セッション」を受けてくださったU.Sさんに対して行ったセッション内容とご感想を、許可をいただいたうえで掲載します。

【セッションレポート】

まず、最初にU様の全身をヒーリング&浄化させていただきました。

その後、エーテル体を開いて子宮にアクセスさせていただきました。
子宮のエネルギーを取り出し、ご自身の愛で満たしていくと、
子宮全体を種としてU様の女神性が発芽していきました。

赤いバラと黒いバラ。
黒は、漆黒…という感じで、花びらの縁に光沢があり、とてもとても
美しいのです。
髪の色を「カラスの濡れ羽色」と顕す言葉がありますが、まさにあの感じ。
つややかで艶かしく、色気があって、麝香の香りすら漂ってくる感じがいたします。
赤いバラのほうは、こちらもスカーレットをイメージさせるような情熱的で
目を魅く色。その場の注目を一気に集めてしまう感じですね。
強烈な二つの個性は、相反するものを顕しているように見えて実は
同じものを内包している…それは、「美しさ」に対する、100%の
信頼と、臆面のなさ。
人間は複雑な生き物で「美しい」と思うものの中に「良き要素」を
無意識に探している…そんな感じがあります。
例えば、マグダラのマリアと聖母マリアならば、聖母マリアのほうが
純潔なイメージがあるから美しい…というような。
どんな美しい娼婦でも、その職業が娼婦と知られると賞賛から外されて
しまうような、そんな複雑さ。
しかし、U様の女神性が持つ力は、「美しいものを美しいと讃え、認める勇気」
ではないかと思います。
赤と黒、という相反する色の中に…
見る人の価値観に左右されない「絶対的な美」というものを感じました。

このバラはぐんぐんと伸びて、U様のエネルギーフィールドを満たし、
その花びらで埋め尽くされた場所に、インドの女神様、カリが鎮座されました。
カリの鎮座を祝うかのように、サラスバティが音楽を奏で、歌を歌い…
もう一人、お名前が分からないのですが、「大地の女神」が、カリの正面に
鎮座されました。

U様のエネルギーフィールドの中で…
死を司るカリと、生を司る大地の女神が、合わせ鏡のように鎮座された事で。

互いの異なる部分こそが互いの真につながるキーである、ということを
感じられたようです。
生は死に。
死は生に。
廻り廻るこの循環は永遠で、どちらを欠いても循環しなくなる…。
この相反する世界観があってこそ、この世界は存続している、と言えるのでしょう。
U様の世界観…それと女神達のエネルギーが混じり合い、調和し…
私が勝手に感じた事ですが、
「生あるものは死があるから美しい」
「滅びるからこそ美しい」
「花は散るから美しい」etc。。。
そんな言葉達が浮かんで参りました。

美しくない、と思われるその瞬間まで、生命のスパークがある。
真の美しさとは、そのスパーク…
そのようにも感じました。

今後のご自身の変化として、
・死生観が明確になる
・「今ここ」の感覚が大切になる
・ご自身の美意識が高くなる
・あらゆるものの中にある「スパーク」を敏感にキャッチする
・感動屋になる
・涙もろくなる
・感性がとても鋭く、繊細で敏感になる
・強さが芽生える
・瞬間を生きる事に心を込められる
・自分としっかり向き合えるようになる
・この人生で何をなすべきか、何をなしたいかが明確になる

などに対して展開があるかと思います。

【いただいた感想】

女神降臨セッションの感想

こちらこそ、いつもお世話になっております。
やっとお返事できるときがきました♪

今、本当にすとんと落ちて、深い感動で、涙がこみあげてきます。
図で描いたのでうまく表現できないのですが:

死はLIFE(いのち・生活・人生)に含まれている(細胞のアポトーシスをはじめ)。
死に対する怖れと失敗(というものが存在すると思ってしまうというだけではあるが)に対する怖れはほとんど同じものである。
失敗(という認識)と罪悪感には関連がある(そういえば幼児は教わってもないのに、死の可能性を罰と捉える)。
人生のまわり道について・・・まわり道という概念そのものが、時間(や距離)を表している=三次元の産物である=幻想=やっぱり気にしなくていい!笑
失敗(という認識)やまわり道(という認識)を怖れずこれらの認識から自分を解放し、
”今、ここ”に与えられている、肯定・否定という二元論を超えた絶対的な承認みたいな、信頼と祝福と遊びとそれにともなう喜びに満ちたものの中で、”今、ここ”でいのちを最大限に燃やすこと(スパーク、ですね!)。

・・・以上です。笑

うそです。笑
すみません、これは感想ではなく、今こみあげてきたものたちですf^^;
あでも、セッションを経ての変化・効果という意味では、感想の一部みたいなもんですかねf^^;

年末年始を経て、ずっとなにげに調子が悪いような、
産みの苦しみを味わっているような、そんな日々が続いていました。
やっと生まれましたね!笑
これも、ルカさんのセッションのおかげですよ、一目瞭然ですよね!!笑
そして、彼との関係、彼との関係についてサイキックな友人・知人からいただいたコメントに対するわたしの反応、それを受けて自分の感覚をもっと感じ信頼しようキャンペーンを実施したこと(継続中笑)、ルカさんとの電話セッションでいただいたキーワードたち、パトリスさんの本たち(カナリ浸透しました・・・後述)、「医療と倫理」というとてつもなくおもしろい授業がこのタイミングであったこと、女神性というキーワード、ルカさんのセッション、セッションレポートでいただいたキーワードたち・・・大きなことしか挙げなくてもこんなにたくさんあるのですが、こんなにも「必然」たちが散りばめられていました。。。

喜びと感謝のきもちでいっぱいです・・・涙

わたしのメモによりますと、セッションが始まってから、
まずオーラソーマの25番(フローレンス・ナイチンゲール、バイオレット/マジェンタ)が浮かびました。そして、白が出てきて、レッドが出てきて、最後にほんの一瞬ですが強烈に甘い香りを感じました。そのまますっと眠りにつき、翌日、これまた強烈にハート・チャクラが反応してました。

レポートを読んで、ビジョンが似ていたのでカナリ驚きました。。。
わたしが感じた白は、きっと黒だったのでしょうね。
わたしにとって黒はあまり馴染みがないので、白に変換したのだと思います。
これからいろんな変化を経ると、レポートにある黒を変換せず祝福する自分が
いるのだろうなぁと想像しています。
それにしても、とーーーーっても納得です!!!
わたしはむかしから、死についてよく考えるというか、
死の近くにいようとする子でした。
それは自分にとっての暗い過去のように思っていたけれど、
その続きがあるのだなぁと、「よし!」となりました。
それから、一見美しくないものに美しさを見出すというのも、
「うん、うん!」って感じです。自分の質を感じます。

わたしは看護学生になって、自分が、人が生まれる時か死ぬ時かのどちらかに興味を持つことがわかりました。いろんな変化の中で、生まれる時(助産師)については自分の意思で道を断ちました。この選択が正しかったのかと、たまにほんのちょっとだけ気にしてしまう自分がいたのですが、レポートを読んで、この選択がどんなに大事なものだったのかがよーくわかりました。深く、深く。

・・・本当はもっとあるんですけど、これ以上書くと怖ろしいことになってしまいそうなので、このへんにしておきますね笑
自分用のメモを残しておくことにします。
わたしの人生のターニングポイントとなる、本当に大切なセッションをありがとうございました。

パトリスさんの本たちも、一気に読みました。。。
わたしはあまり片付けとか得意じゃないんですけど、
でもそれでも、自分が何が好きで何が美しいと思って部屋をつくったり、
生活に色をつけてきたかが、わかるようになってきました。
自分の中にあったものに気づいていっているので、
これからの展開が楽しみです。。。ビジョンあります。
わたしはLIFEということばは、いのち・生活・人生の3つを含むので
大好きです。ひとによって、あるいはそのひとの季節や時期によって、
その3つのうちのどれがハイライトされるかが変わると思っています。
で、わたしの場合、全体的に、生活をハイライトしながら、LIFE全体を表現していくというのが、わたしらしさとして、今後どんどん引き出されていくような、そんな予感がしています。前回の脳セッションからすでに、それは始まっていましたね。。。すごい。
雑多な文で本当に申し訳ありません。
でも、本当に細胞ひとつひとつが輝き出してひとつの集合体として光るように、
ものすごく素晴らしい変化をいただいています。本当に感謝です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728