宇宙系チャネラー ☆ルカ☆

menu

宇宙系チャネラー ☆ルカ☆

C様への11次元エネルギーアチューンメント時におろした宇宙語・日本語訳、いただいた感想

「宇宙語を話せるようになり、自分をあらゆる角度から癒す11次元エネルギーアチューンメント」を受けてくださったC様におろした宇宙語の一部と日本語訳、C様が送ってくださった感想を、許可をいただいたうえで掲載します。
なおC様はアチューンメントの途中でアセンションしていますが、これについて補足説明しておきます。
2012年がアセンションのピークでしたが、2013年以降にアセンションする方も、もちろん居ます。
その方にとって適切なタイミングでアセンションするわけですが、C様の場合はたまたまアチューンメント中にアセンションのタイミングが来ました。

【日本語訳】
とても繊細で、美しい輝きを持っているエネルギー体のあなたに触れさせていただくことを、私たちアークトゥールス人はとても喜びに、そして嬉しく感じています。
この繊細なエネルギーは私たちのエネルギーにとても近いものです。
ですから、私たちにとっても違和感なく、様々なところを見て、修復して、そして力を強めていく…エネルギーを充電させていくサポートをすることができます。
身体の中心部、エネルギーの中心部にあるクリスタルの周りに、膜があるのが見えます。
この膜はいったいどんな役目を持っているのでしょうか。
あなた自身の本来のあり方、本来の才能であるとか能力であるとか、そういったものを極力人に見せないように、その本質を見せないようにと、囲われているものです。
でもそれはもう取る時期が来ましたよ。
ですから私たちがヒーリングをしてこの膜を取っていきます。
この膜を取ることで、あなたの魂の輝きというものが、どんどんと外へ出ていくことができます。
とても美しい水色と黄色の、透明感のあるマーブルの色です。
あなたがたの世界でいうところの、アクアマリンとシトリンがとても美しく混ざりあっているような、そんな感じの水晶があなたの中心に入っています。
これはとてもいいチャレンジでしたね。
自分の輝きを取り戻す、自分の光を外に取り戻すためのチャレンジとして、あなたは自分自身に膜をかけていました。
でも様々なチャレンジを通して、もうこの学びは終わりました。
ですからとても根本的なところです。根本的なところからあなたは変わっていきます。
あなたが自分自身のあるがまま、ありのまま、その美しき魂の輝きを外に出すということを、認めることができました。
とても長いプロセスでしたね。この人生だけではなかったと思います。
長い長い転生の歴史の中で、この地球に生まれてきた目的の一つが、魂の輝きをどうやったら取り戻していけるか…
この道程を繰り返していくことで、あなたは魂の輝きを取り戻すそのプロセスを経験し、そして他の方々に教えていくことができるのです。
この水晶と連動して、他の方のコアのエネルギーの水晶にも連動しています。
この神聖幾何学、連動させる連結の役目をもった神聖幾何学もどんどん外していきます。
これはソウルファミリーですね。ソウルファミリーの中で、あなたの魂の輝きを取り戻すというその作業と連動して、一緒に作業した仲間が居ました。
でも現生においては会ってはいないと思います。
その方たちは四人から五人いらっしゃいます。
この連動によってこの方たちもご自身の魂の輝きを取り戻していくでしょう。
人間のエネルギー体として5つのポイントがあります。頭と足と両手です。
これはエネルギー体の外郭をあらわしています。
五芒星の、五つの頂点のところをイメージしてください。
この五つの頂点のところにそれぞれ封印がありました。
この封印を取っていきたいと思います。
もうこの封印をとるタイミングが来ました。
この封印というのは、三次元の肉体に対しての、良くも悪くも縛り付けるためのアンカーです。
これはグラウンディングのためのアンカーとはちょっと違います。
限界があるということに対しての封印ですね。
限界を常に感じさせる、自分の限界から出れないという風に感じさせる、
これは限界を突破するにはどうしたらいいかという学びのためにご自身が封印を受け入れました。
でも今すでにこの封印は意味を無くしています。
ですから私たちはこれを取ることができました。
これによってこれからのご自身、もっと可能性を広めて、ご自身のやりたいことをやりたいようにやっていく、そういう風に世界が変わっていくと思います。
そして、そのように自由に生きることの喜び、自由に生きることの素晴らしさというものを、今まで不自由を体験することによって、その喜びがどんどんと増していきます。
この封印を解いたことで、グラウンディングがしっかりとしてきています。
封印があったがゆえにグラウンディングが甘くもなっていたということですね。
眠っている間にアストラルトリップをして、たくさんのことを学んでいます。
これは今、未来のほうを見て言っているんですけど、未来のほうを見てみると、今現在のあなたの身体と連動してアストラル体が様々な世界を訪問しています。
この三次元的な世界だけではない、重なり合うたくさんの並行異次元があるということを、いまアストラル体のほうが体験しています。
そしてそれらを統合するように、ひとつの三次元の世界へと統合するようにと働きかけています。
私たちにはとてもまぶしい光が見えていますよ。
これはあなたの身体の中心にあるコアクリスタルが、どんどんと輝きを放っているからです。
どんどんと封印が解けていくことによって、輝きがどんどんと増していきます。
とても眩しくて見ていられないくらいです。
今まで本当に生きづらかったと思います。
なぜならば、あなたの魂というのは、あまりにも宇宙の要素が強すぎるんですね。
地球の要素というものがある意味すごく弱いんです。
でも、なぜこの世界に生れ落ちたか、この状態で生まれ落ちたかというと、やはりこの2013年の世界というものが、どんどんと宇宙的になっていくからです。
宇宙的になっていく地球を、周りの人たちに教えるという楽しい役目があります。
三次元的に限られた世界ではなくて、感覚的に開かれた、目に見えない世界のことについて、あなたがどんどんと教えていく立場にまわっていくときが来ています。
脳のちょうどてっぺんのところ、頭蓋骨のてっぺんのところに、とても大きな釘で封印がしてあります。
これは宇宙家族との連絡が取れないようにしてあるんですね。
これも、宇宙家族とどうして連絡を取らないようにしたかというと、地球で孤独になって生きていくことで、宇宙家族の大切さ、ありがたさというものを知るためでもあったんですね。
本来あって普通のものがなくなってしまうと、いったいどうなるのか。
それを体験するためでもありました。でももう十分体験されましたので、この封印も意味なくなっています。
今、アンドロメダからのエネルギーが、とても喜びに満ちた状態であなたのサポートに入っています。
頭蓋骨からどんどんどんどん、本当に私たちから見ていても、あまりにも眩しくて目も開けられないくらいの豊かさで、アンドロメダからの愛と喜びのエネルギーがどんどん入ってきていますよ。ご自身もきっとそれを体感されていると思います。
とても開放的です。とても自由です。
まるで空を飛んでいるかのように、海の中を楽に呼吸していつまでも泳ぎ続けられるように、肉体の重さというものを今まったく感じていません。とても軽いです。
この銀河の名前は私たちにも分かりません。でもとてもとても古くからある銀河です。
銀河系の中心ととても強く連結している、アンドロメダはこの天の川銀河の双子の銀河と呼ばれている場所なんですけれども、それとはもうひとつ別に裏の銀河というか、たぶん白宇宙のほうにあるアンドロメダ銀河、こちらとの連携がとれていっています。
白銀河と白アンドロメダのエネルギーが入ってくることによって、全身にある不要な封印とかアンカーとか様々なものが取れています。
一気に浮上して、粒子となってすごくきれいな状態になっています。
オーラがクリアになっています。チャクラもどんどんクリアになっています。
すべてがバランシングされています。
すごくバランスが取れた状態になっていて、これは本当の意味での、人間としての身体というものが変化している状態というのを、わたしたちも今目の当たりにしています。
アセンションのプロセスというものを、通常の場合もっと時間をかけて行われるのですが、とても早回しで見ているような感じですね。
七つのチャクラがそれぞれの色を発して、バランシングされたあとに、全体的に一つの光としてまとまって金色の光を放っています。いま私たちはその状態を見させていただいています。
脳が本来の状態に戻っていきます。
ここは情報収集のための場所なんですね、思考する場所ではないんです。
思考はハートで行います。
そしてすべての細胞が情報収集する脳の働きを担っています。
まさしくこれはアセンションした三次元のボディですね。すでに三次元ではありません。
4.5次元へとアセンションしています。
でもしっかりと三次元の世界にも根付いています。すごいです。
どちらの次元でも対応ができるということなんです。
通常、次元上昇すると三次元におりるのが非常に苦痛になるんですけれども、そんなことがありません。
どの次元に居ても快適な状態というのを保てます。
この方の魂の歴史を見ていると、たくさんの星々で、とてもたくさんの楽しくて嬉しい経験をしています。
実は、ずっと楽しくて嬉しい経験ばかりだったので、それと反対の経験もしなくてはいけないんじゃないかって思いはじめたんですね。
それによって、この地球におりてきた時の生というのは、比較的、悲しさとか苦しさとか、辛さ、怒り、そういったものに満ちた人生を選ぶことが多かったようです。
そういったものを選ぶことによって、ささいなものに対しての喜びや幸せを感じられた、そういう良い面もありました。
でも、人間として生きていくうえでの悲しさとか辛さ、そういったものを感じることによって、二度とこういったことを経験したくない、二度とこういうことを経験しないためにどうしたらいいのか、そういった蓄積が魂の方に行われていっています。
中心核にある黄色と水色の光がだいぶ落ち着いてきました。
三次元で生活していく、対応していくためには凄く重要かもしれないですね。
あんまり光りすぎてしまうと、まわりの人から見えなくなってしまうそうです。
もしかしたらこのアチューンメントを受けている時点で、ご自身の身体が半透明になったりとか、粒子が高すぎて、透明になっちゃったりしていたかもしれませんね。
もしかしたら誰かが見ていたら、あれ?急に居なくなっちゃったよ?というふうに思ったかもしれません。
三次元のボディにしっかりと意識を根付かせていきますよ。三次元のボディもすごく大切ですよ。
このボディを持ったまま次元上昇するという事に、意識をちゃんと開いていきましょうね。
この太陽系にもしっかりとアンカーをおろしていきます。
のどのチャクラに天王星を入れていきます。第六チャクラのところには月のエネルギーが入ります。第三チャクラの周りに、カローンのエネルギーが入っていきます。
足の裏に土星のエネルギーが入っていきます。
両足それぞれに、土星のエネルギーが入ります。
左手に彗星のエネルギー、そして右手に金星のエネルギーが入ります。
両耳の少し上のところにあるチャクラに、アンドロメダのエネルギーが入ってきました。これは、アンドロメダのエネルギーが今後必要になるから、そのアンカーとして入れるということだと思います。
両目のところに地球のエネルギーが二つ入っていきます。
そして、両目のところから顎に向かって真っすぐ下におろしてきたところですね…
顎と頬の中間あたり、ここのところに金星が入りました。
魂の核をなしているクリスタルの色が変わってきましたよ。
とてもきれいなピンク色が入りました。
いまありとあらゆる存在が魂を祝福して、愛で満たされてきているという事です。
わかりますか?黄色とピンクと水色。
混じり合うところは微妙にオレンジ色になったり緑色になったり紫色になったり、つまりご自身の核を為すクリスタルが、いま、七色におだやかに光り輝いているということです。
地球のエネルギーとしっかりリンクをしています。
地球の核を形成しているクリスタルと周波数が同調しています。
ありとあらゆる、愛のある、良心のある宇宙存在達があなたを祝福しています。
心からあなたの存在と祝い、愛し、そしてどんなサポートでも、あなたが望むかぎり行いますと、そう誓っています。この誓いは決して破られることはありません。
彼らの誓いは、絶対に叶えられます。嘘はありません。
あなたという魂が開き、美しく輝き、咲き誇り、この宇宙全体を巻き込むほどのエネルギーの中心となることを彼らは知っています。

【いただいた感想】

☆ルカ☆さま
アチューンメントありがとうございました!!
な…なんか、すごい内容でビビりました。
私ってシンデレラ!?
夢でありませんように…!
まさか、まさか、あの短い時間でアセンションがこの身に起こるとは、夢にも思いませんでした。
一番体感があったのは、魂のクリスタルの周りをとりまく封印を解いたときです。
ハートから、喉へ向かって、ゴーーーっと、思春期にはじめて彼氏ができたときの喜びにも似た、噴き上げるような感覚。
直に滝にうたれるかのようなコアへの響き。
声はないけど、叫んでいました。
涙が出ました。
ただ…ペットが騒いでうるさかったのには、苦笑しましたが。
ペットから見たら、お言葉にもありましたが、私の姿は消えたり現れたりしていたのでしょうか…?
3次元でも、4.5次元?でもアクセスできる体って、すごいですね!
3次元では、相変わらずすごく意識の低~い毎日で、ここ数日嫌になるくらいしんどいことばかり起こっていて、悪態ついて過ごしていたので、本当に私でよかったの⁈と、つっこみたくなります。
オナラも相変わらず臭いし。
今も、決してよい状態とは言えませんが、宇宙にお任せします~とだけ、言おうと思います。
(正直、宇宙語喋れるようになる自信がありません。あんまり期待しないでください…^^;)
それにしても、30分であの怒涛の宇宙語と翻訳、すごかったですね~!
身体のあちこちに、星々のエネルギーを入れていただいたのも、面白く感じていました。
地球にも、宇宙にも、グラウンディングしたのですね。
確かに、身体はグラウンディングを感じていました。
ストン、と、生まれ出たかのようにここに居る感がありました。
同時に、ハートや上の方に大きなパイプができたかのように、安心感を感じました。
ああ、私は、どこにいても大丈夫だな…と漠然と思いました。
終わったとき、ビリビリとした電気のような感覚が腕に残っていたのも印象的。
その日の夜、めちゃくちゃ眠かった~!
「そうだ、今日は宴だからはやく寝なきゃ~…」と、なぜかつぶやいたのを覚えています。
もしかしたら、眠ってから、宇宙の応援団たちが祝ってくれたのかもしれませんね^^
肉体を持ったまま、彼らに会える日が待ち遠しいです。
また、途中経過、メールいたします。
このたびは、ビッグチャンス、ビッグイベントを、ありがとうございました!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー