宇宙系チャネラー ☆ルカ☆

menu

宇宙系チャネラー ☆ルカ☆

宇宙語、ジベリッシュ、ライトランゲージの違い

昨年の12月にFacebookでシェアした内容です。
たぶんこちらでもシェアした方が良いでしょう。
実際、本当にライトランゲージかどうか、宇宙語かどうか、は、自分の中だけで完結している場合にはあまり突き詰めなくても良いかもしれません。
セッションやヒーリングで使われている方は突き詰めてね♪
音、というもの、その周波数は思っている以上にエネルギーレベルに作用します。
特にヒーリングやセッションを意図して使われる場合は、その作用にとても注意を払って頂きたいのです。
本当のライトランゲージは、喋っている本人にも深い安らぎと安心感、崇高さなどなど…言葉では語り尽くせないものを感じさせてくれます。

ーーーーーーーー

最近、「宇宙語」を話す方が大変増えてきましたが、どうぞ常に疑ってください。
多くの方が、ジベリッシュを宇宙語と勘違いしています。
また、宇宙語の中にもいくつかの種類があり、光の要素が80%以上のものをライトランゲージと呼びます。

☆ライトランゲージ…
聞いているだけで癒しになる。
聞いただけで涙が出る。
懐かしい。
美しい。
バイブレーションが精妙でキラキラしている。
聞いているだけで心地よく、違う世界へ誘われるような感覚になる。
どこかで聞いた事があるような気がする。
エネルギーフィールドに働きかける音韻とバイブレーション。

☆宇宙語…
いつまででも喋っていられる。
つながっている先の宇宙人さんに寄ってかなり周波数が異なる。
癒し系と情報系統に二分される。(もっとあるかもしれませんが、現状はこんな感じかと。)

☆ジベリッシュ…
脳を通さずに「音」を出す、という感じ。
思考を通さないので話している本人はストレスがなく、自由に解放されていくが他人を癒す事は疑問が残る。

ライトランゲージと宇宙語も大きな違いがありそうですね。
赤ちゃんが喋る喃語が「宇宙語!?」と思われる場合もあるかもしれませんが、90%の場合喃語は喃語です。
ごくごく稀に、メッセージを喋っている赤ちゃんもいますが…ごく稀です。
また、宇宙語が喋れたから私すごい、私偉い、私アセンションした!というのは大きな間違いです。
音韻によるセルフヒーリングが必要な状態である、ということをまず自覚しましょう。

・宇宙語が喋れたから何ができるのか?
それがライトランゲージでなければ癒しは起こらないし、宇宙語であっても翻訳されるなり、細胞系に情報がダウンロードされなければ意味がないのです。
ジベリッシュであればなおさら意味がありません(本人に取っては自己解放ができるという意味ではメリットがありますが)
宇宙語が出てくる=素晴らしい事、という勘違いを本当に失くしたいです。
ご自身の状態によってそのバイブレーションは左右されるものである、常に一定のバイブレーションではない…ということを自覚しましょう。
自分が発する音韻のバイブレーションを常に確認しましょう。
どんな状態であっても中庸のバイブレーションに持っていけるのが宇宙語〜ライトランゲージです。
また、翻訳者は多くの場合、音を直接翻訳しているのではなく、音の発生源からソースを降ろします。
特に優れているチャネラーの場合、喋っているのがジベリッシュであっても、その先にある光の部分にフォーカスを置いて翻訳するので、
「私の宇宙語はこんなすごいことを喋っているのね!」という誤解を招く場合もあります。

私自身まだまだ研鑽中です。
ジベリッシュと宇宙語の違いが明確にわかるように日々精進しています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。